ページトップへ

床蔵 スウェーデンの注文住宅なら埼玉(さいたま)の工務店-コムハウス

床蔵

OPTION

床蔵

自分の家の床下に、広大なスペースがつくれます。
そこは他の部屋と室温も同じで、空気もきれい。
だから、大収納スペースとして使えるのはもちろん、オーディオルーム、図書室、お子様の遊び場所など、アイデア次第でいくらでも面白い使い方ができるのです。
しかも、建築基準法の範囲内でつくるので固定資産税の対象外です!

 

床蔵

床蔵の

くつろぎスペースとして

  • くつろぎスペースとして

子供たちの遊び場として

  • 子供たちの遊び場として

仕事部屋として

  • 仕事部屋として

オーディオルームとして

  • オーディオルームとして

収納&トレーニングルームとして

  • 収納&トレーニングルームとして

趣味の部屋として

  • 趣味の部屋として


床蔵の資料が欲しい
床蔵について詳しい話が聞きたい

 

床蔵のつくり

床下の基礎で囲まれて余ったスペース(通常基礎高0.35m)を1mほど上げて、天井高1.4m以内の収納室として使えるようにしたのが「床蔵」です。この大きさは建築基準法で、「天井高1.4m以内でかつ1階の床面積の2分の1以内の広さなら床面積に含まれない」と規定されています。この大きさなら階数にもカウントされません。

 

 

床蔵のつくり方

床蔵のつくり方

 

床蔵のつくり方

 

床蔵の思わぬット

1.隣家と接近している場合

広々とした土地に家を建てられる方には心配はいらないのですが、お隣の土地がすぐそこ!という場合にはこの床蔵効果は絶大です。各階ともに床が通常よりも1m高くなるため、窓の高さがズレて、プライバシーが保たれるのです。

また、1階でも道路から簡単に覗き込まれることがなく、防犯になります。
さらには日当たりや眺めが良くなるというメリットもあります。

隣家と接近している場合

  • 隣家と接している場合、窓を開けても視線がずれてプライバシーが保たれます。
    陽当り・眺めも良好に

 

2.敷地が南道路の場合

南道路は日当たりが良いため人気があります。
しかし掃きだしの窓を作ると道路から中が丸見えになってしまいます。

床蔵の家は道路より1.7m上がっているので、板張りなどのバルコニーをつければ外からは覗かれません。しかも見晴らしは、とても良く気持ちがよいのです。

  • 通常基礎高の家

通常基礎高の家

 
  • 床蔵の家

床蔵の家

敷地が南道路の場合

敷地が南道路の場合


 

3.敷地が北道路の場合 

北道路は南の家が日陰を作ります。
冬至の時、掃き出し窓に完全に陽を入れるには9m必要です。
床蔵の家は普通の家より1.2m高いので2m少なくて済みます。

  • 通常基礎高の家

通常基礎高の家

 
  • 床蔵の家

床蔵の家

 

  • さらにベランダの下は車庫の一部や、倉庫にも使えます。 

さらにベランダの下は車庫の一部や、倉庫にも使えます

さらにベランダの下は車庫の一部や、倉庫にも使えます


 

4.誰でも簡単!しかもラクラク

収納の方法として、床蔵のほかに『屋根裏収納』があります。こちらも建築基準法で「天井高1.4m以内、2階床面積の2分の1以下。2階からの階段が固定式でないもの」という条件がクリアできれば、床面積には含まれません。

しかしこちらは階段が固定式ではないため、急なはしごを上り荷物の出し入れをするため、危険や不便が伴います。

『床蔵』は固定式の丈夫な階段が設置でき、しかも広く短くゆるやかなため、誰にでも簡単に荷物が運べます。例えば、お雛様やいただきものの調味料セット・まとめ買いの洗剤やジュース・古新聞・掃除機・子供のおもちゃ・ベビーベッドの一時保管など、さまざまな日常品がどんどん入れられます。重いものや壊れやすいものでも、数段の階段を下りるだけでラクラク収納できます。

  • 通常基礎高の家

通常基礎高の家

 
  • 床蔵の家

床蔵の家


 

5.アイデアひとつでさらに使い易く

『床蔵』から直接外へのドアをつければ、ガーデニング用品やタイヤ・自転車・ベビーカー・アウトドアグッズ・季節の行楽用品なども効率よく出し入れができるようになります。家の中の荷物だけでなく、家の周りもスッキリ片付きそう。たっぷり入る巨大収納だから、用途を選ばずどんどん入れられます。

アイデアひとつでさらに使い易く

床蔵の資料が欲しい
床蔵について詳しい話が聞きたい
床蔵のあるモデルハウスを見学したい

 

コムハウスだからできる「床蔵

この『床蔵』は通常の家ではつくれません。通常の家には床下換気口があり、これをつけたまま『床蔵』をつくると、

×外からホコリが入る
×冬は外と同じくらい冷える
×夏は湿度が上がり蒸し暑い

といった事態を招いてしまいます。

しかしコムハウスは外断熱工法で、しかも基礎から断熱しているため換気口は不要です。(注1)また、居住スペースと同じような高性能の断熱材ですっぽりと包み込むため、

ホコリは入らない
冬は1階と同じくらいの温度
夏は湿気が入らず、地熱により涼しい(注2)

そんな3拍子揃った床下空間を実現できるのです。

外断熱工法、及び優れた断熱材を用いることで、ただのホコリっぽい床下は、「夏涼しく冬暖かい贅沢な床蔵」へと進化したのです。

注1)詳しくは当社小冊子「本物の高気密・高断熱」に書かれています。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

注2)建築から1~2年はコンクリートが水蒸気を出すため、多少湿度が高くなります。

床蔵の資料が欲しい
床蔵について詳しい話が聞きたい
床蔵のあるモデルハウスを見学したい

 

コムハウスだからできる「床蔵」

コムハウスだからできる「床蔵」