ページトップへ

阪神・淡路大震災にも耐えたツーバイフォー住宅 北欧の注文住宅ならさいたまの工務店-コムハウス

スタッフ

さいたま

阪神・淡路大震災にも耐えたツーバイフォー住宅

 

 

 

平成7年(1995年)1月17日午前5時46分、兵庫県南部を襲った阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)。

大都市の直下で発生した地震(M7.3、震度7)であったために、想像をはるかに超えた大惨事となりました。

この地震によ   る家屋の被害は、全壊約10万1.000棟、半壊を含めた一部損壊が約28万9.000棟以上(平成7年4月24日の自治省(現総務省)消防庁発表より)。

しかし、このような壊滅的な状況下でさえ、ツーバイフォー住宅に大きな被害は有りませんでした。

日本ツーバイフォー建築協会によると、被災地のツーバイフォー住宅のうち96.8%が特に補修しなくても継続して居住可能な状態を保ったことが分かっています

死者の約9割にあたる人が建物の崩壊に因る犠牲者といわれる阪神・淡路大震災。

このデーターからも住まいの耐震性がいかに大切であるかがわかります。

この震災による全壊・半壊はゼロだったツーバイフォー住宅は大切な家族を守った形です。

当時、この地区で 築70年のツーバイフォー住宅で地震にあわれた神戸市東灘区T様の声

地震にあった住宅は大正13年に建築されたものですが、築70年以上も経っているにも関わらず無事でした。ここは阪神高速道路が倒壊した現場から、数百メートル南(海岸側)に位置しており、報道のとおり大きな被害を受けた地区なのですが、避難することもなく、建物は外壁にヒビが少し入ったり、ドアが開きにくくなったり、網戸が外れてしまったくらいで、構造的には全く大丈夫でした。

(社団法人 日本ツーバイフォー建築協会データー引用)

記事一覧

    • 1 /
    • 2 /
    • 3 /
    • 4 /
    • 5 /
    • 6 /

1ページ (全6ページ中)