ページトップへ

球環境に優しい・木製3層ガラス窓・樹脂3層ガラス窓 北欧の注文住宅ならさいたまの工務店-コムハウス

スタッフ

さいたま

夏のゲリラ豪雨・猛烈な台風の多発・豪雪・局地的な集中豪雨など

極端な地球規模での気象変動が起きています。

地球の温度が年々暑くなっている様に感じます。

地球規模で温暖化が進んでいるのでしょうか。

できるだけ「CO2」の排出を抑える様に努力する事が必要だと思います。

 

1戸建て住宅の外周面積の中で、躯体部分:ガラスの開口部は17:1といわれています(平均で)しかし、熱の貫流率を比較しますと1:1になります。

無駄なCO2の排出を抑えるためにはガラス窓の性能が如何に大事かということです。

 

一般的な ペアガラスは ガラスとガラスの間に 12㎜の空気層が1つできます。

3層ガラス窓は 12㎜の空気層が2つできます。この2つの空気層で得られます。

熱貫流率の抑制効果は 1+1=2 ではなく、1+1=6 になります。

1戸建住宅では ガラス窓に 性能が良い 窓を使うことがCO2排出抑制に大きく貢献致します。

 

「東日本大震災」が発生して6年が経過しました。原子力発電の抑制を受けて国を上げて、電気の節電に取組んでいます。また、太陽光発電の普及にも全力で取り組みました。

高性能の3重ガラス窓を建物に使用することは、大きな意味で「地球環境と人に優しい取組」と言えると思います。

記事一覧

    • 1 /
    • 2 /
    • 3 /
    • 4 /
    • 5 /
    • 6 /

1ページ (全6ページ中)