ページトップへ

縁甲板 スウェーデンの注文住宅なら埼玉(さいたま)の工務店-コムハウス

erminology for architectures

よくわかる建築用語集

あ行

縁甲板

えんこいた

主に和風建築の縁側、廊下、部屋の床の仕上げ材としてはる、小幅で長尺の板材のこと。

えんこういた。

幅8cm~12cm、厚さ15mm~18mm程度の建材で長さが1.8m程度、 一方の板の側面に彫った溝に、他方の板につくった突起を差し込む 「本実(ほんざね)加工」がされています。

そのため、施工したとき釘が見えないのです。

あ行

T O P I C S