ページトップへ

オール電化で失敗! 北欧の注文住宅ならさいたまの工務店-コムハウス

スタッフ

さいたま

3年ほど前、私の知り合いが、とある建築会社で家を建てました。

ところが、彼は「オール電化で失敗した」と嘆いています。

私たちのお客様からそんな話を聞いたことがなかったので、細かく話を聞いてみることにしました。

彼は、友人がオール電化の家を建てたと聞いて新居に遊びに行きました。

すると、家中があたたかくてびっくり。

「夏は涼しいし、色々な設備が簡単に使えて便利。オール電化割引があるから電気代も安いよ」と聞いて、彼は早速、導入を決意しました。

キッチンにはIHクッキングヒーターを入れ、給湯は電気温水器を設置。

寒がりやの彼は部屋全部と廊下、便所、洗面所に電気の床暖房を入れました。

やがて冬になってビックリ!なんと電気代10万円の請求書が届いたそうです。

すぐに廊下や便所、使わない部屋の床暖房を切りました。

それでも月に3?4万円の請求がくるそうです。「家中があたたかい」という夢がかなわず、がっかりとしてしまいました。

一体、どうしてこんなことになってしまったのでしょうか。

 

それは、彼が「オール電化は温かくて、涼しくて、電気代も安い」という話だけを聞き、最も重要なことを知らずにオール電化を導入してしまったからなのです。

では、「重要なこと」とは、なんでしょうか。

オール電化は、高気密高断熱の高性能な家があってこそ、その良さを発揮できる
ということです。

彼が頼んだ業者はおそらく、最新の住宅知識がなかったのでしょう。

お客様の言われるまま、高気密高断熱ではない「普通の家」にオール電化を施してしまったのです。

高気密高断熱住宅とは?・・・・
この続きは小冊子「間違いだらけのオール電化をお読み下さい。
小冊子請求はホームページより。

記事一覧 | 2006年03月

    • 1 /

1ページ (全1ページ中)